口蹄疫、豊後大野市の対応についての経過説明

Pocket

(このエントリーは、マックさんからのコメントを受けて起載するものです)

 情報ありがとうございます。
 お恥ずかしいことですが、マックさんからのコメントで、ホームページへの経過掲載について知りました。

 ↓ 市のホームページに掲載された「口蹄疫防疫対策について」はこちら
http://www.bungo-ohno.jp/sicho/index_kouteieki.htm
【以下、「記者会見に至るまでの経緯」から抜粋】
6 月14 日(月)夕方
 中学生で構成する野球チーム関係者から、当初、宮崎県で開催予定であった九州大会を、本市の野球場に変更し、実施したい旨の相談が施設担当者にあった。その大会には、宮崎県の口蹄疫感染地からの参加チームが複数参加することが大会実施要領から判明したので、野球場の利用許可についての判断がその場ではできなかった。
6 月15 日(火)午前
 施設担当者は、前日の相談内容を支所畜産担当者に報告し、それを受けた支所畜産担当者は、この大会での野球場利用についての判断は、口蹄疫対策本部会議に委ねたい旨を産業経済部長に相談した。
---引用ここまで---

 上記経過の中での施設担当者の判断は、評価に値すると思います。一連の事象における初期対応としては、良い対応だと思います。

 しかし残念なことは、この(詳細な)経過を私たち議員に事前に知らされることも無いばかりか、17日の議会本会議においても説明されていません。
 何の問題にしろ、組織の構成者(行政であれば議員にも)事前に知らされず、あとからマスコミ報道で聞かされる…ということは、あってはなりません。
 21日(月)にも議会がありますので、この点、質しておきたいと思います。

 本論に戻りますが、結果として”振り回された”のは子ども達です。この点は、私たち大人がキチンとフォローする必要があると思います。分かってもらえる説明が必要です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください