普天間基地は国外・県外へ

Pocket

 「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める県民大会」(実行委員会主催)が、本日、沖縄・読谷村運動広場で開催されました。

日本をかえるネットワークのホームページが開きます 超党派での県内移設反対を求める集会は、沖縄県内でも初めて。参加者は9万人にのぼり、「国外・県外」への移設を決議しました。

 おりしも今日は、朝から鳩山首相、岡田外相、北沢防衛相の”閣内不一致”を指摘する報道が相次いぎ、鳩山内閣の不安定ぶりを露呈しました。そして午後3時からの県民集会で、沖縄県民の「国外・県外」を求める明確な意志が示され、鳩山政権に対して追い討ちをかけました。今後の対応如何では、命取りになります。

 

※鳩山首相:「埋め立ては自然に対する冒とくだ」と現行案(辺野古沖合い)を否定
 岡田外相:「ゼロベース」と繰り返す
 北沢防衛相:現行案の修正案(辺野古沖合いの沖合い)に含みを持たせる

 

 沖縄県内に移設先はありません。県外の日本国内にも移設先はありません。米軍基地は、沖縄県民が望んだことではありません。移設条件無し撤去の姿勢こそが、日本国民の声に応え、アメリカをも動かすのではないでしょうか。

政治を前へ。日本共産党。

 

 沖縄県の地元紙、『琉球新報』号外がとても印象的なので紹介したいのですが、写真をココに表示させるわけにはいきません。ココをクリックして『琉球新報』のホームページをご覧下さい。

One comment

  1. ご指摘の通り“政治”だと思います。そしてその政治を選択するのが国民です。
    ・基地の無条件撤去を選ぶか
    ・県内や国内への移設を選ぶか
    ・これまで通りを選ぶか
    もちろん、選挙で言ったことと行動が違わないことが前提です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください