ヘリコプターによる救出場所

Pocket

今日は議会広報編集委員会の写真撮影で市内各所を回りました。「一般の道路に、緊急災害時にヘリポートとして使うための表示がされている」との情報があり、現地へ行ってみました。
ヘリコプターによる救出場所のマーキング ここは緒方町上畑、大分県道・宮崎県道7号「緒方高千穂線」です。写真をみての通り、道路に緊急災害時のヘリコプターによる救出場所のマークが描かれています。ビックリしました。道幅からすると、ヘリポートではないようですね。緊急時にホバーリングによって救助することを想定しているようです。
2007年8月の台風5号で、ここ緒方町上畑地区と同尾平地区の8世帯14名が道路決壊により孤立しました(台風5号による大雨・暴風被害状況 第2報)。昨年7月27日には、同様の事態を想定した防災ヘリコプター訓練が行われています(訓練要綱)。
近年は局地的豪雨による災害も増えています。もしもの場合に備えを行い、安心して住み続けられる地域づくりを進めたいですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください