エアコン設置と、マイナンバー

Pocket

今日の正午が、6月議会での一般質問通告締め切りでした。
通告の提出後は、一般質問の順番を決めるクジを引きます。私は「2」の番号をゲット!これは初日の1番かも?との可能性もありましたが、「1」のクジを引いた議員がありましたので、私は初日の2番目ということになりました。

議会日程(案)はこちらにありますが、私は19日(金)の2番目(11時前後から)となるのは間違いないです。正式な日程は、明日(9日)の議会運営委員会にて確認されます。
今回の一般質問は9名のため、23日(火)の一般質問日は、休会となりそうです。

 

で、私の一般質問は以下の通りです。

小・中学校、幼稚園の各教室に、エアコンの設置を。0202
① 小・中学校、幼稚園の各教室にエアコンを設置する場合の設置費用、運用コストの試算は、どこまで精査できていますか。
② 特別教室や保健室などはもちろんですが、普通教室へのエアコン設置状況が学校によって異なります。学校によって子どもの学ぶ環境に差ができていることを、どのように考えていますか。
 エアコン設置の必要性や効果について、どのように捉えていますか。

マイナンバー制度の問題点に、どう対応するか。
今年10月から住民に届けられる「通知カード」については、DV被害から逃れている方、無戸籍の方、住民票住所がわからない方などには届かないことが考えられます。このような方に対しては、どのように対応するのでしょうか。
2016年1月から制度を実施するとしていますが、どのような手続きにおいてマイナンバーの提示が必要なのでしょうか。
また、「通知カード」が届いていない方は、このような手続きが行えないのでしょうか。
10月に届く「通知カード」とは別に、希望者には「個人番号カード」の発行が可能となるようですが、この「個人番号カード」と既存の印鑑登録証、図書館利用カード、国民健康保険カードなどを統合すべきではないと考えますが、どのような方針なのでしょうか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください