「機能性表示食品」制度の功罪

Pocket

4月から始まった「機能性表示食品」制度。

トクホ(国の審査が必要)、
栄養機能食品(限られたビタミン類、ミネラル類が対象)
に続く第3の保健機能食品と言われ、事前に国に対して安全性や機能性の科学的根拠(論文など)を届け出れば、「目の健康維持に役立つ」などの表示が可能という制度。

罪は、「アベノミクス」の第3の矢として提案されたもので、産業振興のために規制を緩和したこと。
「安全性・有効性が後退する」「健康被害のおそれ」など、消費者団体、弁護士、識者からの批判が強い。

一方で、「功」があるとすれば・・・
この制度によって、巷に反乱する〝いわゆる健康食品〟の差別化に期待できるということ!
〝いわゆる健康食品〟には、すでに機能性を表示しているという違反も珍しくないが、それらの機能性について、本当に根拠があると言うならば、この新しい「機能性表示食品」に申請すれば良いのである。
新しい「機能性表示食品」制度にさえ申請しないのであれば、信用に値しないという事である。

加えて言えば、個人・小規模事業者が製造する商品において、この「機能性表示食品」制度に期待するのは間違いであろう。
機能性の根拠を、事業者自らが証明しなければならないのだが、個人・小規模事業者にそれが可能だろうか?
(そもそも、「〜に役立つ」などの「機能性」で売ろうとするのが邪道と思うが。)

20150419_2.jpg 20150419_3.jpg

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください