庁舎・消防署など、建設費用は?

Pocket

2月1日に開催した『新春のつどい』で報告するために、庁舎・消防署の建設費用、および周辺整備等にどれだけの費用がかかっているかを調べましたので、ここに記載いたします。

◆ 2007年の財政計画で示された複合型庁舎建設の概算事業費は39億円でした。

◆ これに対して、庁舎・消防署の建設にかかった事業費は、31億843万円でした。

当初(39億円の計画)には含まれていなかったもの(テニスコート・弓道場移設、旧三重税務署解体設計、消防署用地測量設計など)も含んでいます。
この項目に対する予算は36億4933万円であり、39億円の概算事業費から36億円余りに引き下げて計画したことは、市長の公約に照らせば評価できるものと思います

◆ その他に庁舎・消防署のネットワーク整備、防災機器移設、庁用備品などの事業費は、2億314万円でした。

◆ さらに、農政事務所用地の取得や解体、旧庁舎用地の整備などの事業費は、今のところ3287万円です。
こちらに、旧庁舎跡地の整備計画(案)を記載しています。⇒ 『旧庁舎跡地は?』

◆ 以上合計、33億7234万円です。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください