TPP 国益損なう 紙議員追及

Pocket

78c4e7f6-5029-4483-a55e-9aae6e312782.jpg b3765f0c-01df-4264-862f-bac921be42a0.jpg

『しんぶん赤旗』2012年2月1日(水)

秘密交渉で米国要求押し付け

 日本共産党の紙智子議員は31日の参院予算委員会で、環太平洋連携協定(TP
P)が秘密交渉で進められ、米国の不当な要求が押し付けられることを明らかにし
て、「参加は、はっきりやめるべきだ」と野田佳彦首相に迫りました。
 紙氏は、TPP交渉内容を4年間、秘匿する合意があることをニュージーランド政
府が公式発表し、野田首相も志位和夫委員長の代表質問に対し認めていることを指
摘。「首相がAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で明言した情報公開の約束は果
たせなくなる。国民的議論の前提は崩れた」とただしました。
 野田首相は「(情報を)出せるものは出していく」と答えるだけ。紙氏が米韓FT
A(自由貿易協定)では、批准過程が議会にも国民にも十分知らされず、いま大問題
になっていることをあげると、首相は「米韓関係についてコメントは差し控える」と
逃げました。
 紙氏は、バーシェフスキー元米通商代表部(USTR)代表が「日本との関係では
韓国から引き出した以上の譲歩を求めたい」と述べていることをあげ、「日本とは無
関係ではない」と批判。米通商代表部が意見公募した国内業界の対日要求(113
件)を紹介しました。(別表)
 紙氏がコメなどの重要品目などをあげ、「どう対応するのか」と問いつめると、野
田首相は「配慮しつつ高いレベルでの経済連携をはかる」というだけ。紙氏は「米国
の利益にそったもので、日本の国益を損なうことは明らかだ」と述べ、TPP参加を
やめるよう強調しました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください