部制から課制への移行

Pocket

今日、2011年第4回定例会が閉会し、2012年度から現在の部制から課制へ移行する議案が可決・成立しました。

行政組織条例の制定
「行政改革大綱」「第2期集中改革プラン」等に基づき、市の行財政運営の基盤である組織・機構について、簡素で効率的な組織・機構、フラットで柔軟な組織・機構へと再編する。

現在の体制:6部2局6支所42課(室、事務局、支局)1課内室85係
⇒        30課(支所、事務局、支局) 8課内室83係へ

行政組織・機構再編実施計画 行政組織・機構再編に伴う係の配置

 討論は、反対2名、賛成2名でした。採決結果・・・賛成15、反対7で可決。

私の反対理由骨子
単に部長職を廃止するだけでなく、今後の町のあり方への思いが反映した改革と受け止める。「まちづくり推進課」を設置し、男女共同参画に関することをこの課に移動したのは賛成。
しかし一方、人権推進同和対策課はそのまま残している。他の人権課題もあらゆる方が協力し合って地域課題の解決に取り組むまちづくりを進めていただきたい。そのためにも、人権推進同和対策課は「同和」を外して人権推進室などと改め、「まちづくり推進室」内に設置すべき。

2012年度からは、部長を相手ではなく、課長を相手に質疑することになります(^_^;)

 

3 comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください