Archive for 季節を感じて

どうやって食べよう、生椎茸

全部、いただき物らしい(#^.^#)

どうやって食べたものか・・・
生しいたけ

そうだ!

そのまま焼けば良いんだ(*^^)v
焼き生しいたけ
醤油とカボスを垂らして・・・
ん~、美味いっ(#^.^#)

奇跡の望月を撮影!

ぶるぶるっ、午前4時30分、朝の仕事のために家の外に出ると、月が煌々と輝いている。
「冷え込んだはずだ~、良く晴れている」
この時はこれぐらいしか思わなかったのですが、仕事で車を走らせる途中、さらに輝きを増した月に気付いた。
「これだっ!」
幸い仕事は後半。
「間に合うかな~」
いったん自宅に帰り、デジタルカメラと三脚を持ち出し、道の駅みえに向かった。そして到着・・・、正解だった!

道の駅みえからの眺望は、「江内戸(えないど)の景」と呼ばれ、豊後大野市三重町屈指の景観。

「江内戸の景」の写真を使ったトップページはこちら。
 またこんなサイトもありました。

TheMoonAgeCalendarところで、何の気なしに撮影しに行った満月なのですが、友人が私がツイートした右の画像を見て、返信で教えてくれました。
画像のサイトは、こちら
 「凄っ!! 偶然か意図してか。「望」2分後だ。本当の満月「望」の月を見ることって実はなかなかできないよね。」
 へぇ~、そうだったんだ~!
全くの偶然です(笑) 真の満月となるのが6時21分。で私が右の画像をツイートしたのが、6時23分なのです!!!

え?月の写真ですか(・・?
あります、あります(*^^)v しかも、その6時21分に撮っていました~!(^^)!

ではまず、6時21分10秒撮影
6時21分10秒の望月

次に、6時45分4秒撮影
6時45分4秒の望月

最後に角度を変えて、6時50分18秒撮影
6時50分18秒の望月

「早起きは三文の得にしかならない」とも言いますが、なんのなんの、三枚の宝物をゲットです(^^♪

宝生寺の秋

宝生寺 今月6日から今日14日まで、清川町の宝生寺がライトアップされる企画がありましたので行ってきました。

境内の紅葉をライトアップしているだけではなく、本堂では「音彩」と題して、詩吟・剣舞・三味線・太鼓・横笛などが演奏され、その音が光とともに紅葉を引き立てていました。

この宝生寺、以前は住職が不在(隣町の住職が兼務)だったようですが、現在の住職が4年ほど前から来られて、さらにこの企画も定着してきているようです。

ライトアップは今日まででしたが、紅葉はまだまだ見頃が続きますよ。
宝生寺の紅葉1 本堂では音彩 宝生寺の紅葉2

豊後大野市観光協会ホームページ(宝生寺紹介)はこちら

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

十五夜お月さん

今日は中秋の名月。(ちなみに満月は明日23日ということです)

夕方からは少し余裕があったので、十五夜お月さんを撮ってみました。

解説はいたしません。浸ってみて下さい(^_^;)

雲から出てきた十五夜お月さん

煌々と十五夜お月さん

ああ、今夜は久しぶりにあの夢を見そうだ…。

9月4日の入道雲

9月も4日というのに、こんなに立派な入道雲が出来るほど暑かった…(^^ゞ
9月4日の入道雲

所用で久住を通りまして、その時に撮影しました。久住高原から阿蘇・熊本方面を臨んだものです。

この入道雲、どのあたりの上空だろう…。天気情報サイトで確認したら、熊本平野を北上する雨雲がありました。どうもこの入道雲はそれではないかと思います。

この立派な入道雲はダブルで発生してました。左が南側、右が北側に発生したものです。
9月4日の入道雲(南)9月4日の入道雲(北)

そしてみるみる発達し、約15分後には下の写真のごとく立派な(自然の)きのこ雲ができあがりました。(下の写真は、場所を変えて撮っています)
発達した入道雲

この後も入道雲の傘はますます広がり、そして夕日に照らされ赤く染まっていきました…。

はじめに撮ったスポットでは、一眼レフに望遠つけて、草を食む牛を一緒に撮影する方もいらっしゃいました。

私は、通りすがりに気付いたので手持ちの携帯で撮りました。デジカメは常備しておくべきですね。