Archive for 文化・芸術

雨中の夜神楽!

 今年は行くぞ!
一昨年に続いて2回目の夜神楽に、急遽友人を誘って行って来ました(^^ゞ
当日のつぶやきを交えて、以下紹介します。
一昨年の記事はこちら「夜神楽」

降ったり止んだりの雨に、夜神楽の開催判断を迷っているらしい・・・それは困つた(>_<)
posted at 14:27:38

夜神楽に向けて、雨具、敷物、防寒着準備ちう・・・。この季節の着合わせは中途半端で困るなあ。
posted at 14:37:28

夜神楽現地に到着~
posted at 15:42:06

能場公園、こんな状態(^^;) #bungo_ohno http://twitpic.com/77fh7u
posted at 15:54:48

中止するには少雨の天候。遠くは横浜から来られている方もあるようで、期待に応えての開催ですね。 

雨の中、はじまりました、 御嶽神楽。 http://t.co/gttjgHn1
posted at 16:19:02

そうです、呑まずには過ごせないf^_^; RT @gdgdsanpei: こりゃ長いぞ~(*≧∀≦*) #御嶽流夜神楽 http://p.twipple.jp/9y6ZJ
posted at 17:32:23

夜神楽の何が楽しいか? この呑みながら鑑賞できるところが良い!と言う人が多い・・・私も^_^;?

俵を前にして、八雲払いが始まりました。 #bungo_ohnohttp://twitpic.com/77gr47
posted at 17:36:58

ナウです。 RT @gdgdsanpei: @kyokonoguchi @KanaTeach @MATRIX_999 @manjusyaka319 神志那さんと遭遇♪
posted at 17:39:05

ナウです。 RT @gdgdsanpei: @kyokonoguchi @KanaTeach @MATRIX_999 @manjusyaka319 神志那さんと遭遇♪
posted at 17:39:28

熊本から来られたツイッターのフォロワーさんと遭遇! 一緒に鑑賞しました。

荒神が何か喋ってる…「聞こえんぞ~」「ちゃんと喋れ~」と観客からツッコミが(^^;) これも庶民に根付いた芸能ならでは(*^_^*) …え?「…がんばれ~」と名前まで言うか(゜∀゜;ノ)ノ  #bungo_ohnohttp://twitpic.com/77gvid
posted at 17:47:15

演ずる人の名前まで出して声援なんて・・・、地元ならではですね^_^; 
でもこのツッコミが的を射ていて、さらに荒神もそれに応えるから、聞いてて見てて、とても楽しいですよ。

少々の雨ではへこたれません、御嶽神楽(o^∀^o) RT @hiyopapa01: あいにくの雨ですね( ´ Д ` ;) RT @F_Koujina: 夜神楽現地に到着~
posted at 17:50:03

今日は雨で、商工会青年部のアルコールが伸び悩んでいるようです(^。^;) RT @sakaroko: 厳かな祭事なんですね。(小声で…)@F_Koujina 俵を前にして、八雲払いが始まりました。 #bungo_ohnohttp://twitpic.com/77gr47
posted at 17:51:32

私は商工会青年部からビール2杯、焼き鳥2パック購入しました(*^^)v

ロックさんと一緒でなくて残念(^o^) RT @MATRIX_999: お久ナウです♬(☆`・ω・´)ゞ RT @F_Koujina: ナウです。 RT @gdgdsanpei: @kyokonoguchi @KanaTeach @manjusyaka319 神志那さんと遭遇♪
posted at 17:53:20

商工会青年部、日本酒置いてない(^^;) RT @lmn800: 当然です、神楽に御神酒はつきもの(´ε`●)@F_Koujina @gdgdsanpei そうです、呑まずには過ごせないf^_^; RT @gdgdsanpei: こりゃ長いぞ~(*≧∀≦*) #御嶽流夜神楽
posted at 17:54:44

荒神、刀を振りまわす・・・「なし切らんのか?はよ切れ!」 http://t.co/dgVOtm9n
posted at 18:16:08

荒神は、俵を切るのに間を持たせるのです。
これもまた周知のツッコミですが、聞いてて笑えます。この方言のニュアンスは、地元ならではですので、県外の方には少し違って聞こえるかもですが(^^ゞ

今夜はアキラさんだったようです(⌒-⌒; )
posted at 18:19:25

このお客さんが最後に「アキラ、良かったぞ~!」と、荒神にねぎらいの言葉。

俵を切った際には、ヤンヤヤンヤの喝采でした(^o^) RT @woodsoil: 雰囲気出てますね!RT @F_Koujina: 荒神、刀を振りまわす・・・なし切らんのか?はよ切れ! http://twitter.com/F_Koujina/status/130211299824115712/phot…
posted at 19:47:06

こんな雰囲気の町で呑んでいます。 #bungo_ohnohttp://twitpic.com/77jblf
posted at 20:56:19

熊本から来たフォロワーさんと一緒に、町に呑みに行きました。。。

御嶽祭り

♪村の鎮守の 神様の 今日はめでたい おまつり日♪

御嶽際 まさに「村祭り」が、お隣の清川町でありましたので、行ってきました。
友だちが教えてくれたタイムテーブルは以下の通り。

10:30~11:20  上社での地区別の獅子舞、羽熊演舞 神社へ出発
11:30~12:20 鳥居前での地区別獅子舞、羽熊演舞
13:00~16:30 御嶽神楽演舞
17:00~18:00 神社前での奉納演舞

朝から一日、村じゅう総出で繰り広げられる演舞は、さぞかし見ごたえあり、楽しみがいもあることでしょう。
でも残念ながら、夕方しか行けませんでした^_^;
獅子舞 羽熊

仏教の宗派

 最近お寺さんに接することが多く、関心を持ち始めた仏教(宗派)について、今年1月3日に放送された『教科書に載らない日本人の謎』の録画を見ながらまとめて(?)みました
 見ながらツイッターでつぶやいたものを、以下に掲載します。

あなたがお寺で拝んだ相手は誰ですか?(東京・浅草寺では聖観音菩薩ですが・・・) ⇒お寺には仏像が祀られているが、それは、大仏、阿弥陀如来、不動明王、帝釈天、毘沙門天、金剛力士など様々。世界一多種多様らしい。
posted at 15:07:50

多種多様な仏像の中で、一番偉いのは?役割は?性格は? ⇒仏像は種類が多いが、関係性は単純。頂点から「如来、菩薩、明王、天」という上下関係。
posted at 15:10:21

如来(仏像界の社長・会長・名誉会長)=真理に目覚め悟りを開いたもの。(如来以外は修行中)
posted at 15:12:17

如来グループ ⇒ 釈迦如来、薬師如来(医療を中心に12のご利益)、阿弥陀如来(極楽浄土への案内人)、大日如来(太陽を神格化)。
posted at 15:19:31

菩薩(部長など、中間管理職)=修行中の身。修行をしながら人々を救う。
posted at 15:23:21

菩薩グループ ⇒ (釈迦の次に悟りを開く)弥勒菩薩、(観音様こと)観世音菩薩、(お地蔵様こと)地蔵菩薩。
posted at 15:30:05

明王 = 怒りで仏教界を護る。不動明王、五大明王。
posted at 15:37:48

天(帝釈天や毘沙門天、金剛力士像など) = 天はもともとインドの神話に出てくる神様。仏教を護るガードマンとして取り入れた。
posted at 15:48:45

他にも、羅漢や高僧の像も。その時代に合わせ救いの形を進化させ民衆に愛されてきた仏像。願いの数だけいろんな仏像が欲しいという、ご利益主義が多種多様な仏像を生んだのかも。
posted at 15:51:21

千体の先手観音像ですべてを救う千体観音ですね(巻き戻して確認^_^; ) RT @akubi8959: こんにちは。京都の三十三間堂は仏像のオンパレード。@F_Koujina: あなたがお寺で拝んだ相手は誰ですか?
posted at 16:09:25

仏教と一口にいってもいろいろな宗派がある。伝統的な仏教には10以上の宗派があり、それぞれに枝分かれしており、全部で160にも及ぶらしい。
posted at 16:11:57

「南無阿弥陀仏」と唱える=浄土宗、浄土真宗、時宗。座禅を組む=臨済宗、曹洞宗。「南無妙法蓮華経」を唱える=日蓮宗、など。
posted at 16:14:01

宗派とは、お釈迦様の教えに対する学説の違いから生まれた。
posted at 16:14:54

仏教の宗派の違いをラーメンに喩える・・・、大胆な『教科書に載らない日本人の謎』(@_@)
posted at 16:17:14

目標は同じだが、そこに至る取り組み方が違うと。
posted at 16:17:50

最先端の宗教として仏教が公式に日本に渡ってきたのは538年頃。それまで自然に宿ると考えられた神様に形はなかった。そこへ仏像の形をとる事で分かりやすく入ってきた。
posted at 16:23:09

日本人に気に入られてきた仏教。そして聖徳太子は「仏教に基づいて国造りを進める!」と。法隆寺や四天王寺を建立した。
posted at 16:26:22

日本の神々の世界は哲学や体系がなかった、そこへ入ってきた仏教は高度な体系をもち、国造りに有効だったと。 RT @mayumimikan: ほう。メモメモっ。 RT @F_Koujina: 最先端の宗教として仏教が公式に日本に渡ってきたのは538年頃。
posted at 16:30:45

「仏を祀るから国を護ってほしい」と国分寺、国分尼寺を全国に建立。また東大寺、法華寺を建立、東大寺は仏教の総本山として経典を研究する場所に。仏教は民衆のものではなく国のものだった。
posted at 16:36:38

しかし、力をつけてきた寺の内部に腐敗が生じる(悪僧)。そこで行われたのが平安京遷都(奈良から京都へ)。この混乱期に登場したのが最澄(天台宗)と空海(真言宗)。
posted at 16:40:22

最澄と空海 ⇒ 仏が国を守ってくれる + 信仰によって民衆の救済も目指す。この二人によって日本の仏教の基礎が築かれた。
posted at 16:43:01

ところで、最澄の天台宗(806年)から300年経ってもなお(平安末期)、天台宗や真言宗は、まだ難しいものだった。そこへ「南無阿弥陀仏」の法然現る、浄土宗。
posted at 16:47:13

動乱期にあって、「南無阿弥陀仏」と唱え続ければ誰でも救われるという浄土宗は民衆の心に響いた。さらに進めたのが親鸞の浄土真宗。親鸞は自ら妻帯し悪人(私達はみな悪人であるという認識をもった者)でも救われると説いた(悪人正機説)。
posted at 16:57:02

修行抜きでも念仏さえ唱えれば、誰でも極楽浄土へ行ける、この簡単な方法によって仏教が民衆に広がっていった。
posted at 16:58:39

鎌倉時代(1199年)、さらに大きな変化が。座禅を組む事によって悟りを開く禅宗が栄西(臨済宗)と道元(曹洞宗)によって宋から持ち帰られる。 
posted at 17:35:49

栄西は、京都・奈良(既存の仏教)の影響力の弱い鎌倉で布教する。鎌倉では、政権を握っていた武士に大きく受け入れられた。自らを鍛えて悟りを開こうという禅宗の考えが武士の気質に合っていた。(それまでの阿弥陀信仰は、阿弥陀様にすがって極楽浄土に行こうという考え)
posted at 17:46:16

鎌倉幕府「(禅宗は)武士を束ねるのにとてもいい宗教になるぞ!」と鎌倉五山(臨済宗)を建立。 天台宗が国のエリート宗教だったように、鎌倉武士にとっては禅宗がエリート宗教に。
posted at 17:56:01

来世で人を救おうという禅宗に対して、現世で人を救うべきと説いたのが日蓮宗。「南無妙法蓮華経」と唱え経典を信じることで救われると説いた。
posted at 18:02:05

経済力が増えた寺は武力を持つようになったが、豊臣秀吉が寺を武装解除した。
posted at 18:22:15

徳川幕府は宗教反乱を恐れた。そこで、「国民は身分・職業に関係なく近くの寺に住民登録をする」という寺請制度を作り、仏教で囲い込んだ。
posted at 18:26:17

以上、概ね宗派の流れが把握できたところで、このツイートを終わります。
posted at 18:31:41

最近係ることが多くて・・・、このくらいは理解しとかないとね(^_^;) RT @zuruzurubettan: 勉強になりました~ RT @F_Koujina: 以上、概ね宗派の流れが把握できたところで、このツイートを終わります。
posted at 20:55:56

72歳の誕生日、紅葉狩り

今日、父が72歳の誕生日を迎えました パチパチパチ。
本当は一泊でもしてゆっくりしたいところでしたが、なかなか日が合わず、日帰りで耶馬溪に紅葉を見に行こうということになりました。

7:00自宅を出発
9:00耶馬渓・一目八景に到着
開店直後のお店で朝食をとり、まだ観光客も少ない中、絶景に酔いしれました。紅葉には少し早かったようです。次の週末あたりが見頃のようです。
一目八景の紅葉

11:00耶馬渓ダムで小休止
12:00ごろ、羅漢寺に到着
五百羅漢がある無漏洞(むろどう)

14:00ごろ、青の洞門へ
 禅海和尚の像と競秀峰 妙見窟展望台からの眺め

17:00九酔渓(きゅうすいけい)に到着
青の洞門から宇佐へまわって帰る予定でしたが、急遽ルートを変更し、九酔渓(きゅうすいけい)に寄りました。耶馬溪よりもくじゅうの方が、紅葉が進んでいたようでした。

19:00帰着

夕食は、帰路お店に寄っても良かったのですが、父が「焼肉を食べたい」と言い張りましたので…、一旦自宅まで帰って近くの食堂に行きました。

これで父も満足したようです!

夜神楽!

16時から清川町「神楽の里・能場公園」で開催された夜神楽を観に行きました。

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

開場は15時。私は15:30ごろ到着しましたが、会場には続々と観客が到着。初めて来る私は適当な時間で引き上げるつもりで手ぶらでしたが、皆さんシートやイス、風呂敷に包んだ食料・飲み物…等、準備万端! 次回の参考にさせていただきます。

夜神楽会場、入口からの景観

演目は、「五方礼始」「五穀舞」などと、当日のリクエストも含めて7番。終了は21時。開場では先輩議員にも出会い、「神楽は呑みながらでないと!」と、私もお酒を勧められました(もちろん、代行を呼んで帰りました)。

この能場公園は、円形劇場よろしく、すり鉢型の観客席から、舞台が良く見えます。こんなすばらしい会場があったんですね。これはもっと使わないともったいない。イチョウの木も色付き始め、紅葉狩りにも良さそうです。

舞台側から客席を臨む