ジオ情報局で「行楽シーズンの交通規制情報」って?


ぶんごおおのケーブルテレビの独自製作番組「情報トレイン」の中で放送されている「ジオパーク情報局」、
ぐるっとぞっこん豊後大野

その10月28日~放送分にて、「行楽シーズンの交通規制情報」というタイトルに、私は、なに?なに?
ラインナップ

行楽の見どころなど伝えるのはわかるのだが、交通規制を伝えるって???と、疑問を感じたのですが、番組に登場したO職員の説明は「行楽シーズンが始まりますが、ちょっと問題が! 道路情報を、通れないところがあるので、お伝えしたい」と。

おー素晴らしい(^^)/
今回は交通規制情報

いま、ぶんごおおのジオパークのジオサイトの一つ「轟(とどろ)橋」が熊本地震での被災により、通行止めになっているのです。今回は、その状況を伝える内容です。
私が10月5日に見に行った時の写真はこちら⇒『轟橋は通行止めです』

で、その迂回路の基点になっているのが清川町三玉。そこには、以下の看板が設置されています。看板中、「現在地」が清川町三玉です。
清川町三玉1
清川町三玉2

清川町三玉から、轟橋までの経路を、動画で紹介した部分がこれ ↓ O職員と、リポーターのKさんの声は消しています^^;

三玉から直進すると、轟橋の手前側で通行止め。ただし、隣りの出会橋は歩いて渡れます!(シカ等対策の扉があります、キチンと閉めて下さい^^; )
出会橋は通れます
三玉から左折し迂回路を行くと、轟橋の滞迫側に行くことができます。川への降口付近まで車で行くには、迂回路から行くことをお勧めします。

「轟橋は通行止めですが、見ることはできますよ!」

と、強調しておりました(^^ゞ

そして、この番組は単に交通情報を伝えるだけでなく、ジオパークの本題をシッカリ伝えています。
O職員曰く、

「豊後大野市には柱状節理が多く、どこにでもこうした危険性がある。地震、大雨の時には気をつけないといけない。それを皆に知ってもらいたい。」
柱状節理
大雨の時には、
柱状節理2

 

そして、大雨による土砂崩れのため、通行止めとなっている県道7号線の状況についてもお伝えしています。
R7通行止め1
R7通行止め2
参考:『大分県の道路規制情報提供サービス』

ここは、紅葉も美しい川上渓谷の入口手前付近です。
川上渓谷に入らないまでも、ここまでの道中でも十分に紅葉が楽しめるそうです。
川上渓谷の紅葉1
川上渓谷の紅葉2

 

さらに番組は、もう一つ、夏の雷災害についてもお伝えしています。菅尾石仏への落雷です。
落雷被害の様子は、こちらにアップしています。ご覧下さい。⇒『菅尾石仏に落雷被害』

 

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です