Tag Archive for 一般質問

2期目4年間の一般質問

2期目4年間の最後の一般質問が、先日2日に終了しました。
議会活動は一般質問が全てではありませんが、テーマが自由に選択できますし、往復1時間与えられているので、かなりの意見も言うことができますので、やはり重要度は高い。
そして、次の選挙では、4年間の活動が評価の対象になります。

4年間の一般質問を、書き出してみました。クリックすると、各一般質問を記載した『ぶんご大野民報』のページが開きます。

『太陽光発電事業は市民に理解されたか』
『激甚災害指定を受けたにもかかわらず、地元負担7.1%(農地)は高すぎる』
『「市民のための庁舎」、公民館入口側にも車寄せの設置を』

『定住対策は、さらなる促進を』

『年金の2.5%削減、地域経済への影響は』
『国へ、消費税の増税を中止するよう要請を』

『旧中央公民館の体育室、補助的利用の約束は』
『ジオプロジェクト事業の費用対効果は』

『保育制度を拡充し、子育てしやすい豊後大野市に』

『観光資源調査事業「里見発見伝」での成果物をいかせ』
『ジオパーク関連番組を、ビデオやDVDで市民に広げよう』
『戦争体験集を作成し、戦争体験を未来へ伝えよう』

『「改定」介護保険、市は住民を守る防波堤に』

『「地方創生」ではなく、地域の再生を』

『小・中学校、幼稚園の各教室に、エアコンの設置を』
『マイナンバー制度の問題点に、どう対応するか』

『下赤嶺地区の雨水排水改善を』
『FMラジオ受信の改善を』

『学校給食の調理業務は、民間委託ではなく市直営で』

『TPP参加による本市への影響は』
『JR緒方駅 無人化への対応について』

『安全・安心の避難所を』
『再生可能エネルギーの促進を』

『就学援助の拡充を』

『免許返納者への支援を』
『生徒・学生への支援拡充を』

『190億円を超える基金の有効活用を』
『災害に備えた公共施設の整備方針(案)について』
『三重原付近の悪臭防止対策について』

 

 

2016年3月議会の一般質問

私の一般質問は、3月9日(水)午前10時からに決まりました。
通告全文を紹介します。

1.TPP参加による本市への影響は。

①現段階での認識を伺います。
TPPの大筋合意で日本は、コメや牛肉・豚肉など重要5品目の3割、農林水産物全体では約81%の関税撤廃を約束しました。
この内容について、「重要5品目は関税交渉から除外し、段階的な関税撤廃も含め認めない」としてきた国会決議や、これまで安倍政権が掲げてきた公約に対しても重大な違反があると思いますが、市長の認識を伺います。
「大筋合意」したとは言え、国会の承認が無ければ国として批准することはできませんので、TPP参加はまだ決定していません。TPP参加の是非について、いま改めて市長の見解を伺います。
②本市農林業への影響について伺います。
TPP大筋合意を受け、昨年末に影響の政府試算が発表されました。その内容は、実質GDPのプラスの影響が前回2013年の試算より4倍化して「13.6兆円の増加」となり、農林水産業のマイナスの影響が同じく前回試算より20分の1に減り「1300~2100億円の減少」となっていますが、まるで〝粉飾〟と言える試算になっています。
一方、この政府試算を分析した経済学者が行った独自試算では、実質GDPのプラスの影響は5000億円にとどまり、農林水産業のマイナスの影響は1.6兆円に上るとのことです。
以上を踏まえ、豊後大野市における農林業への影響は、どのように試算しますか。
③地域医療を守る防波堤としての市民病院を、どのように実現するのか伺います。
TPPによる医療分野への影響について、2011年3月議会で「医師が大都市へ集中し、地方の医師が不足することが懸念される。だから、市民病院が地域医療を守る防波堤になりうる」と答弁がありましたが、TPP参加の場合、これをどのように実現していくのか伺います。

2.JR緒方駅無人化への対応について

3月26日から県内で6つのJR駅が無人化され、その一つが緒方駅であると聞いています。
JRは、住民が生活していくための交通手段として大切な役割を担っています。とりわけ、障がい者や高齢者、妊婦や子どもなどには、きめ細やかな支援も必要ですが、無人になれば、これら乗客が乗り降りする際の安全確保や、利用者サービスが失われることになります。
公共交通機関としての安全・安心を維持するために、緒方駅の無人化は回避すべきと考えます。
①JRからの「駅営業体制の変更」通知以降の経緯、ならびに対応を伺います。
②緒方駅の無人化を避けるよう、JRに申し入れるべきではありませんか。
③無人化が避けられない場合でも、利用者の安全・安心の確保、観光振興の視点等から、簡易委託を受けるべきではありませんか。

3.里の旅公社が〝地元と一丸〟となるために

①新執行体制が目指す内容について伺います。
2月、ぶんご大野里の旅公社の執行体制が一新されました。「これまで不足がちだった地域の商工観光業者と情報交換を密にして、観光ビジネス消費の飛躍をこの地にもたらす」との決意ですが、その内容を伺います。
②観光イベントへの影響と対策について伺います。
観光協会が解散するに伴い、観光協会が事務局となっていた観光イベントについても、各実行委員会や町ごとの観光振興協議会が主体となって運営されることになりました。このことは解散前から説明されてきたとは言え、解散前には想定しえなかった問題が発生していますが、市はどのように対応したのでしょうか。
またこれらのイベントが、観光協会解散前と同様に扱われるよう、手立てを行うべきではありませんか。
③「ロッジきよかわ」の名称について伺います。
条例で「豊後大野市奥嶽川自然公園井崎河川公園キャンプ場」の名称は変わっていません。「ロッジきよかわ」というのは通称と理解していますが、広報物やホームページ等へ掲載する場合、「奥嶽川自然公園」や「井崎河川公園」の名称も併記すべきではないでしょうか。
④2011年、観光協会に委託し実施された観光資源調査事業(「里見発見伝」事業)「里見発見伝」成果物での成果物をどのようにいかすのか、伺います。

 

エアコン設置と、マイナンバー

今日の正午が、6月議会での一般質問通告締め切りでした。
通告の提出後は、一般質問の順番を決めるクジを引きます。私は「2」の番号をゲット!これは初日の1番かも?との可能性もありましたが、「1」のクジを引いた議員がありましたので、私は初日の2番目ということになりました。

議会日程(案)はこちらにありますが、私は19日(金)の2番目(11時前後から)となるのは間違いないです。正式な日程は、明日(9日)の議会運営委員会にて確認されます。
今回の一般質問は9名のため、23日(火)の一般質問日は、休会となりそうです。

 

で、私の一般質問は以下の通りです。

小・中学校、幼稚園の各教室に、エアコンの設置を。0202
① 小・中学校、幼稚園の各教室にエアコンを設置する場合の設置費用、運用コストの試算は、どこまで精査できていますか。
② 特別教室や保健室などはもちろんですが、普通教室へのエアコン設置状況が学校によって異なります。学校によって子どもの学ぶ環境に差ができていることを、どのように考えていますか。
 エアコン設置の必要性や効果について、どのように捉えていますか。

マイナンバー制度の問題点に、どう対応するか。
今年10月から住民に届けられる「通知カード」については、DV被害から逃れている方、無戸籍の方、住民票住所がわからない方などには届かないことが考えられます。このような方に対しては、どのように対応するのでしょうか。
2016年1月から制度を実施するとしていますが、どのような手続きにおいてマイナンバーの提示が必要なのでしょうか。
また、「通知カード」が届いていない方は、このような手続きが行えないのでしょうか。
10月に届く「通知カード」とは別に、希望者には「個人番号カード」の発行が可能となるようですが、この「個人番号カード」と既存の印鑑登録証、図書館利用カード、国民健康保険カードなどを統合すべきではないと考えますが、どのような方針なのでしょうか。

9月議会の一般質問

9月議会で行う、一般質問です。今回は、一項目です。

定住対策は、 さらなる促進を。 

定住促進事業は、平成25年度施政方針の中で(3)人々の生活とまちの発展を支える基盤が整っているまち、の4番目の重点施策として位置づけられ、「定住対策については、産業振興、医療・福祉・子育て等、行政全般にわたる総合的対策が必要」であり、「本年度は庁内プロジェクトチームを設置し、実効性のある政策を検討する」としています。 これまでの定住対策がどうであったのかを振り返るとともに、今後、この方針に基づき実効性ある定住対策が行われる事を期待し、以下の点をお尋ねします。

①平成17年3月に条例化され実施されてきた定住促進住宅補助事業について、どのような体制で進めてきましたか。 平成24年度はどのような状況でしたか。どのように総括していますか。 この補助事業は平成24年度までとのことですが、今後はどのような取り組みを考えていますか。

②定住促進空き家情報提供事業について、どのような体制で進めてきましたか。 平成24年度はどのような状況でしたか。調査した空き家の数、登録や成約に至った数、成約者の市内・外の別などは。 取り組みを進める上での課題と、その解決方法は。

③竹田市が子育て定住促進住宅を設置し、入田地区では市外から5世帯18人を迎え入れ、校区となっている祖峰小学校では4年と5年の複式学級の解消につながったという事です。 この例にならい、市営住宅に子育て世代を市外から迎える施策を行ってはどうでしょうか。

6月議会の日程が決まりました

2013年 第2回定例会日程表

6月
10日 月 10:00 本会議 (議案上程・提案理由の説明)
14日 金 10:00 本会議 (代表質問)
      (市民クラブ)衞藤竜哉、(緑生会)首藤正光、(清風クラブ)髙山豊吉

18日 火 10:00 本会議 (一般質問)
      恵藤千代子、工藤友生
19日 水 10:00 本会議 (一般質問)
      神志那文寛、宮成昭義、衞藤正宏、小野勇治
20日 木 10:00 本会議 (一般質問)
      内田俊和、川野優治
21日 金 10:00 本会議 (議案質疑・委員会付託)

24日 月 10:00 常任委員会
28日 金 10:00 本会議 (委員長報告・討論・採決)

3月議会の一般質問日程が決まりました

くじ運が悪いです(笑)
私は最後から2番目、3日目の3人目です。

新庁舎での初めての定例議会です。
新しい議場には、傍聴者用に磁気ループも設置されました。補聴器の方も聞きやすくなりました。
市民からの要望を、私が提案したものです。

一般質問の日程を紹介いたします。

3月5日(火)
小野泰秀
衞藤正宏
赤嶺謙二
伊藤憲義
宮成昭義

3月6日(水)
渡辺一文
長野健児
生野照雄
小野順一
衞藤竜哉

3月7日(木)
恵藤千代子
深田征三
神志那文寛
和田哲治

各議員の一般質問内容

12月7日から3日間行われる一般質問、各議員の内容をお知らせします。

【12月7日(金)】
15番 衞藤正宏 議員 
1 豊後大野市活力向上ビジョンについて

3番 和田哲治 議員
1 幼稚園・小学校・中学校の一貫した教育制度「幼小中一体学校」への取組について
2 「幸寿美術館」が廃館されて2か年。寄贈された所蔵品の管理の現状と、今後の取扱いについて

16番 宮成昭義 議員 
1 定住促進について
2 葬斎場建設について
3 庁舎・支所における跡地・空き部屋利用について

4番 衞藤竜哉 議員 
1 畜産振興の考え方は
2 スポーツ観光の取組状況は

7番 恵藤千代子 議員 
1 公金の収納対策について
2 消費者政策の推進について

【12月10日(月)】
5番 佐藤辰己 議員 
1 農業施設整備原材料支給制度に思う

10番 佐藤徳宣 議員 
1 市営太陽光発電について
2 生活排水処理について
3 耕作放棄地対策について

17番 深田征三 議員 
1 協働のまちづくりについて

9番 小野泰秀 議員 
1 市長の政治姿勢について
2 少子高齢化と人口減少について
3 介護保険について

18番 宇薄克哲 議員 
1 畜産振興について

【12月11日(火)】
1番 神志那文寛 議員
1 準要保護世帯への就学援助はどうなっているか
2 住宅環境の充実と、定住の促進を!

8番 長野健児 議員 
1 ケーブルテレビ事業について
2 市消防本部の出動態勢について伺う

12番 赤嶺謙二 議員 
1 橋本市政4年間の成果と課題

22番 伊藤憲義 議員 
1 水道ビジョンについて伺う

12月議会の一般質問日程

昨日、一般質問の通告が締め切られ、日程が決定いたしましたのでお知らせします。

9月議会の一般質問

9月議会は、9月11日から一般質問が行われます。今回は12名が行います。
今回は大サービス、各議員の質問項目まで、ここに載せちゃいます(^^♪

11日(火)

19番 渡辺一文 議員
1 豊後大野市民病院について
2 通学路について
3 今年の大災害について
4 建設業の置かれている現状について

13番 髙山豊吉 議員
1 大雨による自然災害について
2 身近な資源を活かした息の長い取組で地域に光を

16番 宮成昭義 議員
1 農産物の産地形成について
2 いじめ問題について

4番 衞藤竜哉 議員
1 市の農業施策のあり方、推進について
2 大分県豪雨災害の検証は

11番 安藤豊作 議員
1 九州北部豪雨災害の対応について
2 固定資産税の評価替え年に当たって
3 国保税納税通知書に記載されている算定方法について

12日(水)

12番 赤嶺謙二 議員
1 旧三重高校跡地利用のその後の状況について

17番 深田征三 議員
1 入札制度の改革について

7番 恵藤千代子 議員
1 第5期介護保険事業計画について
2 農作業の事故防止について

1番 神志那文寛 議員
1 オスプレイの配備と飛行訓練、市民にとって危険では。

5番 佐藤辰己 議員
1 農業政策について
2 公共施設の見直しについて
3 滞納対策について

14日(金)

21番 生野照雄 議員
1 想定される南海トラフの巨大地震は本市にどのような被害をもたらすのか伺う。
2 深刻な鳥獣被害対策について伺う

3番 和田哲治 議員
1 この4か年で執行された約100億円の「大型公共事業」。地元経済に対しての波及効果はいかにとらえているのか、その総括について。
2 「詰め込み教育」への偏重と脱却を目指して施行された、「ゆとりある学校教育」も30年。我が市での検証と、今後への取組方針について

 

『ぶんご大野民報』第328号を掲載しました

『ぶんご大野民報』第328号を、『ぶんご大野民報』のページに掲載しました

9月議会が始まります。

 一般質問
 1.保育所民営化は、保護者や移籍する職員の負担が増えるのではないか。
  ・保育所民営化によって、関係する市職員の身分や待遇はどうなるのか。
  ・これまで、公立保育所の施設整備や改築に係る費用はどのように賄ってきたか。
   民営化後もこのような費用を行政が措置しなければ、保護者の負担が増えるのではないか。
  ・保育は、サービスではなく福祉である。行政としての責務をどのように果たしていくのか。

 2.自然エネルギーを促進し、原子力発電から撤退を。
  ・原子力発電の技術は未完成で、原発事故には他の事故とは「異質の危険」がある。
   原発から撤退し、自然エネルギーに転換していくべきと思うが、市長の見解は。
  ・豊後大野市は伊方原発から80~100Km圏内(市役所までは88Km)に位置する。
   伊方原発に事故があった場合、市はどう対応するのか。
   伊方原発は撤退すべきと思うが市長の見解は。
  ・環境省によると、太陽光、中小水力、地熱、風力だけでも、実際のエネルギーとなり得る資源量は20億キロワット以上と推定され、原発54基の発電能力の約40倍である。また都道府県別には、自然エネルギーの供給量と自給率は大分県が日本一である。
   豊後大野市の供給量と自給率はいくらか。またそれを更に高めていく方策を考えてはどうか。

 ・地方議員年金は廃止
 ・7月19日の臨時議会報告
  CATV、家庭における工事の監理
  消防署建設が始まりました
 ・8月22日の臨時議会報告
  清川中学校移転改築予定地の造成
 ・8月22日の全員協議会報告
  新庁舎の実施設計が完成