Tag Archive for チャリティ

第30回記念 三重町チャリティショー

今年もこの季節がやってきた!三重町チャリティショー。
久しぶりにブログにつづります^^;

まず開会式で、実行委員会から3団体へ益金の贈呈が行われました。
社会福祉協議会、大分合同新聞福祉事業部、しげまさ子ども食堂です。

また、第30回の記念と言うことで、第1回から連続出演している9団体に表彰が行われました。なんと議員団も連続出演ということで、表彰を受けました。

さて本題です(笑)
我ら三重町議員団(※議会の中には、こういう括りはありませんので誤解なく)の出し物は寸劇『水戸黄門』。

黄門さまに続いてさっそうと登場した佐々木助三郎!
「黄門さま、久しぶりに豊後大野は三重野村にやって来ましたなぁ~」
チャリティショー1

黄門さまと助さんがおしゃべりしている所へ、渡世人風の行き倒れ。
「どなたか存じませぬが、水を飲ませておくれやす」と。
チャリティショ-2

助さんが渡した水を飲み干した渡世人に訳を聞くと、ひと旗上げようと江戸へ出たが、失敗続き。母の容体が悪いと聞き返ってきたが、「情けねぇ!」と。
「情けねぇ? そんなことはありやせんぜ! ほら、「ふるさとおおの」の歌にもあるじゃないですか!♪ 夢に疲れたら~帰っておいで~ ♪」と、「ふるさとおおの」を歌って渡世人を励ます助さん。 会場から「上手いっ!」の声(笑)
チャリティショー3

(場面は飛びまして)
渡世人の実家へ借金を取り立てに来た親分が、返せない借金のかたに妹のおやすを連れて行こうとする。そこへ登場した黄門さまと助さん。
「助さん、少々こらしめてやりなさい」 「へいっ!」
チャリティショー4

黄門さま「助さん、もうそろそろ良いでしょう」
助さん「え~い静まれ静まれぇ~! この紋所が目に入らぬかぁ~! ♪ ジャ~ン ♪ 」←効果音がないので、口で言う(笑)
チャリティショー5

「水戸のご老公であらせられるどぉ~!」
一同「ははぁ~っ」
チャリティショー6

という、お決まりのストーリを無事演じ終えた一同、最後に幕前に出てご挨拶。
「今日は本当にありがとうございましたっ・・・ あ、まだこの後もあるので、最後まで楽しんで下さいね^^;」
チャリティショー7

最後までご覧いただき、ありがとうございました(^^)/

 

第25回三重町チャリティーショー

 第25回目を迎える、三重町歳末助け合いチャリティーショーが開催されました。私もついに、3回目の出演。だんだんと慣れてきたかもしれません(^_^;)

 三重町議員団の出し物は今年も寸劇時代物ですが、これまでと変わって忠臣蔵、豊後おおの編。
豊後おおの編は何が違うかと言いますと、やっぱり歳末助け合いの催しに、芸とは言え人を斬れません。

 というわけで、大石謙之助の温情で、一件落着、めでたしめでたしとなったのであります(*^^)v

 私は大石の三の子分。討ち入りにあたっての合言葉、山・川・豊に続き、「アメリカ橋のたもと~♪」と歌ってしまいました(^_^;)
 もう一場面では、吉良をひっとらえ、「懲戒免職になった・・・(ん?この時代に懲戒免職があったか?と思わせぶりながら) 殿の無念を晴らしてくれようど~」。

 出演した三重町議員は、それぞれアドリブを入れながら、今年も爆笑のうちに終わることができました。
 めでたし、めでたし(*^^)v

 

以下は、少しですがリアルタイムでのツイートです。 

(ツイート)いよいよ今日は三重町チャリティーの本番。三重町議員団の出し物は「忠臣蔵」、果たして結末やいかに…。出演は14:30以降かな。 #bungo_ohno http://twitpic.com/7k9on5
posted at 08:51:16

(ツイート)三重町チャリティーショーの益金は? 昨年分は市社会福祉協議会へ70万円、三重町ふれあい児童館へ10万円、大分合同新聞福祉事業団へ5万円を贈呈。 #bungo_ohno
posted at 09:27:48

(ツイート)始まりました、三重町第25回歳末助け合いチャリティーショー。開会に先立つオープニングは、お馴染み三重スイングファミリーによる軽音楽です。 #bungo_ohno
posted at 09:39:22

(ツイート)2団体のオープニングに続いて、30分(!)の開会式。 ただいま、三重総合高校の吹奏楽部出演。 OB、OGの皆さ〜ん、後輩達が頑張ってますよ〜 (^∀^)ノ  #bungo_ohno http://twitpic.com/7kbn7r
posted at 10:53:23

 

 

チャリティー餅つき2010

 今年で3回目の参加になりました、朝市会主催のチャリティー餅つき。

 今日はこのあと会議があったため、この餅つきには小一時間の参加でしたが、私も杵を持たせてもらい楽しませてもらいました。

 餅つきを眺めるのも慣れてきまして(?)、まず蒸したもち米を練るところをじっくり撮ってみました。
 上手いもんですね~。慣れた方が二人で練ると、それだけで出来上がったのでは?というほど練り上がります。

 え?私の餅つきの腕前ですか? はい、だいぶ慣れてきましたね(*^^)v でもだんだん力が入らなくなってくると、見ててわかるんですねぇ~、「変わろっか?」と、すかさず声が入りました(^_^;)

 まだまだ、素人のようですヽ(^o^)丿

写真と動画をご覧下さい。
(携帯の方は、動画は見れないと思います…ごめんなさい)
今年も賑わうチャリティー餅つき

第24回三重町チャリティーショー

 今日、第24回三重町チャリティーショーがエイトピアおおので開催されました。

 昨年の益金は、
市社会福祉協議会へ700,000円、
大分合同新聞福祉事業団へ100,000円、
三重中学校の図書拡充費へ50,000円、
それぞれ贈呈されています。

 さて、我が市議会三重町議員が演じたのは『半蔵親分十手捕物帳(おろち編)』。
 三重野村に住み着き、若い娘を差し出さなければ村をメチャクチャにしてやるという大蛇。しかし過疎高齢化で若い娘と言えばたった一人・・・。
 村人がそんな相談をしている所へ、半蔵親分とその子分がやってくる。そして退治に乗り出すのだが、その方法は、酒好きの親分らしいアイディアであった。。。

寛助 さて、今年の私の決め台詞は、
 「早いもので、昨年ここで捕物をしたのが昨日のことのようでありますな~。一年間、いろいろなお努めがありましたが、一番楽しいお努めは、このチャリティーショーではないでしょうか!」
 ここが一番沸いた場面でしょうな(*^^)v

 さて、お待ちかねの写真です^_^;
出演前の楽屋で撮ったもの。たいした写真ではありませんので、小さく控えめに、ポップアップもしません(笑)

 以下は、当日のツイッターでのつぶやきです。

三重町歳末助け合いチャリティーショーが、三重スイングファミリーの軽やかな演奏で開幕しました。 http://twitpic.com/3aubj7
posted at 09:34:14

 さ~て、今日は朝からチャリティーショー。では皆さん今日も1日お元気に!(^^)!
posted at 07:45:43

「チャリティー餅つき」と「湯立神楽」

チャリティー餅つき

杵と臼で餅つき
 12月も半ば、朝市会主催の餅つきがありましたので行ってきました。
昨年に続き2回目です。もちろん私も杵を持たせてもらっったのですが、私は餅つきの経験があまりありません。あまりというか、今回で2回目です(^^ゞ ということは、昨年41歳にして始めて杵を持って餅をついたということです。
杵と臼とでの餅つきは、私が小さい頃までお世話になってた家では地域の方と一緒に行っていたのですが、引越しや、親せきの方が餅つき機を買ったりなど、自然とそういう習慣から遠ざかっていったから…。

写真と動画をご覧下さい。
(携帯の方は、動画は見れないと思います…ごめんなさい)

上田原「湯立神楽」

小学3年生の見事な舞
 午後からは上田原に伝わる「湯立神楽」へ。
神楽を舞う斎場の前方に”かまど”を設け、釜で湯を炊きながら神楽を舞います。そしてクライママックスには湯笹で湯をかぶり、釜の前に降りて”おき”の上を裸足で舞うなどします。
この神楽、日没後のクライマックスが見ごたえがあるようですが、私は所要で明るいうちに帰りましたので、見ることができませんでした。で「来年こそは」と思うのですが、この上田原湯立神楽は3年に1度しか行われません(^^ゞ では3年後に!
また、真っ赤な”おき”が荒神に蹴散らされ暗闇に飛び散る様子は、写真愛好家にとってはたまらない被写体です。会場5〜6段に設置された観客席は、早くからカメラマンの三脚が林立! 人の数より三脚の数が多そう(~o~)

写真と動画をご覧下さい。
(携帯の方は、動画は見れないと思います…ごめんなさい)

上田原湯立神楽

綱伐

子ども神楽の柴引

第23回三重町チャリティーショー

第23回目を迎える三重町チャリティーショーが開催されました。

地域の吹奏楽クラブや神楽教室、文化協会、商工会女性部・青年部などなど、様々な団体が歳末を前に我が腕を振るい、地域貢献に汗を流しました。

ステージは日頃の練習の成果あり、にわか練習がかえって笑いを誘う、すばらしい腕前に感動の拍手など、大変盛り上がりました。

そして、我が市議会も、三重町出身の議員が時代劇『豊後大野 仏の三七捕物帳』を披露。
初ステージの私も一所懸命アドリブを演出、「こんなお努めまであろうとは、思ってもみませんでした」の台詞に会場は大爆笑。あたたかい声援をいただきました。
仏の三七捕物帳 さて、写真です。上手い具合にぶれているので、あえてぼかしは入れてません(^^ゞ 右端でやくざ(子分)をしょっ引いているのが私です。あ、私は同心の子分役です(*^^)v