Tag Archive for グラフ

独裁国、日本へ?

 「ねじれ」という言葉が、どれだけ飛び交っただろうか? 今日、参院選後初めての衆院予算委員会が開かれた。

 「ねじれ」は国民の選択。「民主党の強権は許さない、参議院で野党を多数にし、”是々非々で充分な政策論議を求める”」国民の意志が反映した結果だと思う。

 ところで今日の衆院予算委員会でも質問が飛び出した、国会議員の削減。
衆議院の比例80名の削減(比例180⇒100へ。小選挙区300は変えず)で、国民の意志はどのように反映するのか?

4割の得票で7割の議席 グラフを見ていただきたい。昨年の総選挙結果で試算してみると、民主党が4割台の票数しかないのに7割近い議席を占める。そして3割程度の少数意見は1割以下(8%)まで圧縮される!

 なんたる独裁の仕組みであろうか!

 国民が選んだのは”充分な政策論議”だと思うが、これでは民主党(大政党)に独裁体制を与えてしまうことになる!

 この企てを阻止しよう!

 日本共産党は、議会制民主主義を守るという点で、他の野党と共闘を行っていきます。

リンク:民主42%の得票で68%の議席(8月1日付け『しんぶん赤旗』)
 パソコンはこちら。
 携帯はこちら。

リンク:民主主義守る共闘を追求(7月31日付け『しんぶん赤旗』)
 パソコンはこちら。
 携帯はこちら。

 

コメントをどうぞ。

消費税を増税しない財源7兆円

日本共産党は、消費税の増税に頼らない財源として当面7兆円、家計と内需中心の経済成長のもとで税収を増やして12兆円の財源論を持っています。

 ・年間5兆円の防衛費から1兆円(米軍「思いやり予算」や海外派兵のための経費)
・政党助成金320億円を削減
・大企業の法人税率を97年水準に戻す(30%⇒37.5%)

などなど。

グラフをご覧下さい。

日本共産党の財源論

7月2日付け『しんぶん赤旗』の記事をご覧下さい。

パソコンの方はこちら

携帯の方はこちら

法人税負担率、ソニー12% 住友化学16%

法人税負担率は33.7% 民主党は参院選マニフェストの「強い経済」の目玉に”法人税の減税”を掲げていますが、日本の法人税は高いのでしょうか。

 法人実効税率は40%ですが、研究開発減税、外国税額控除などの優遇措置があり、経常利益上位100社の法人税負担率は平均で33.7%であることが、『しんぶん赤旗』の試算でわかりました。

 日本経団連の税制担当幹部自身も、「日本の法人税はみかけほど高くない」と認めています。

 

6月24日付け『しんぶん赤旗』の記事をご覧下さい。

パソコンの方はコチラ

携帯の方はコチラ

国庫負担率27.29%

 明日臨時議会が開催されます。目玉は国民健康保険税条例の一部を改正する条例。専決処分の承認とは言え、内容を吟味して表決に臨まなければなりません。

 改正内容はいくつかありますが、一番気になるのは課税限度額の引き上げの件。医療分について現行47万円を50万円に、後期高齢者医療支援分を現行12万円から13万円に、合計4万円引き上げるものです。

 これは、高額所得者にはこれまでより多くの保険税を納めてもらうことになり、増えた分を低所得者の負担を下げる(特に応益割という世帯あたり20,400円、一人あたり27,000円を下げる)ことにまわしていただきたいものですが、その増額となる金額はせいぜい300万円程度のようです・・・。上限額を引き上げるばかりでは、解決になりません。

 豊後大野市国保の場合、総収入300万円一人暮らしの方(介護分除く)では、195,747円の保険税額となり負担率は6.52%です。「協会けんぽ(旧政管健保)」の大分県の保険料率は本人負担分4.69%です!

国保税が高い理由 国民健康保険は、やはり国庫負担率を大幅に引き上げることが必要です!

 1984年以来の国庫負担率(市町村国保歳入総額に占める国庫支出金の割合)の推移と一人当たり保険料の推移は、グラフの通りです。

3月4日小池晃政策委員長の質疑はコチラ

携帯からはコチラ

 豊後大野市の場合を計算してみたら、27.29%(2008年度)と、小池さんの指摘と同様の結果でした!

年金財源に消費税!?

 本日の参議院本会議で、鳩山総理大臣は、最低保障年金制度創設の意志を示すと同時に、財源には消費税をあてる考えを示した。

 消費税が導入されたのは1989年。”福祉のため”が触れ込みでしたが、以来、消費税収の累計213兆円(09年度の見込みまで)は、事実上法人3税の減税183兆円(同)の穴埋めに使われています。
消費税収と法人3税の減収 では、福祉目的なら良いのか? …答えは否です。
 そもそも消費税は赤ちゃんからお年寄りまで課せられる税金で、所得の少ない人ほどその所得に対する税負担が重くなる福祉破壊の性質を持っています。
 低所得者の暮らしを脅かしつつ徴収された税金が、どうして福祉に使われることがふさわしいものでしょうか? …ふさわしくないですね。

 鳩山政権には、これまで優遇されてきた大企業への減税に手をつけ、さらに平和な世界構築にふさわしく、軍事費(特にまず『思いやり予算』から!)にも手をつけてもらわないといけません。
 そうすれば、もっと財源は出てくるのではないでしょうか?

9月定例会…パネルを使ってみました

 9月8日、9月定例会の一般質問「後期高齢者医療制度の廃止を」でパネルを使用してみました。
 準備したパネルは4枚。A3サイズで議場内ではあまりインパクトはなかったのですが、ケーブルテレビ用録画にはしっかりアップで映してもらえたと思いますので、手始めとしては上出来だと思います。

1.後期高齢者の心身の特性…後期高齢者医療制度の検討のたたき台として厚労省から示された考えかた。「とてもひどい考え方だ。ここには福祉の心が感じられない」

後期高齢者の心身の特性

2.豊後大野市における、保険料の分布…「軽減措置なく保険料を払えるのは188名2.13%にすぎない。豊後大野市においてはほとんどの高齢者が軽減措置なく保険料を払うことができない。当市の市民にとってはとても負担の思い制度である」

豊後大野市、保険料の分布

3.保険料の今後は?…「団塊の世代が後期高齢者になる2025年には月額13,000円、私がその世代になる2045年には32,000円となる!」

上がり続ける保険料

4.“うばすて山行きバス”…舛添厚労相が作成した図。「老人保険制度にはなかった問題点が、国民から不満の声として出てきている。制度に手を入れても本質が間違っている。この制度はすぐに廃止すべきだ」

うばすて山行きバス

消費税に頼らず社会保障財源

各画像は、クリックして拡大してご覧下さい。

8月28日付け「消費税に頼らず社会保障財源」

記事は…パソコンの方はこちら携帯の方はこちら

五兆円を維持する軍事費 大企業・大資産家への減税  

消費税増税には絶対反対

各画像は、クリックして拡大してご覧下さい。

8月27日付け「消費税増税には絶対反対」

記事は…パソコンの方はこちら携帯の方はこちら

消費税増税で景気後退 消費税収と法人3税の減収 

温暖化食い止め、地球環境守る

各画像は、クリックして拡大してご覧下さい。

8月26日付け「温暖化食い止め 地球環境守る」

記事は…パソコンの方はこちら携帯の方はこちら

風力発電の国際比較 温室効果ガス7割は大口事業所 

中小企業応援の政治に転換

各画像は、クリックして拡大してご覧下さい。

8月25日付け「中小企業応援の政治に転換」

記事は…パソコンの方はこちら携帯の方はこちら

中小企業当初予算の推移 建設業事業所・従事者数の推移