Archive for 市政情報

旧緒方工業高校の跡地取得「まとめサイト」

2016年2月8日県有地の取り扱いについて
議会全員協議会の後に、当該案件についての報告が、議員に対して行われました。
報告の大要は、取得に向けての検討は2012年4月11日から始めていたこと、市は部分取得を希望したが、県は一括売却を希望している。市は取得に向けて、2016年度も引き続き県と協議を行う、取得のための計画を2016年度に策定する。

2016年6月21日旧緒方工業高校跡地利用の基本計画策定予算
6月議会にて、標記予算が補正予算(第1号)に盛り込まれました。
私(神志那)は、計画に地元住民の意見が十分に反映されること、県からはできれば無償譲渡もしくは安価な取得の方策が出来ないかと、質疑で求めました。
他に質疑はありませんでした。

2016年12月13日旧緒方工業高校跡地の活用
当該跡地を整備し活用する計画の検討状況が、12月議会、議案質疑の終了後に、議員に対して説明されました。
購入価格はほとんど建物の残存価格であり、土地は303万7千円、建物は4359万円との概算。他の建物の解体費用は概算見積もりで1億4005万円。1月申請、2月仮契約、3月議会に取得費を計上したい、との説明でした。

2017年3月6日13億1594万円の補正予算(4号)を可決
3月議会にて、旧緒方工業高校跡地を購入する予算(4753万円)を含む2016年度補正予算(第4号)が可決されました。

2017年3月16日旧緒方工業高校の建物を取得
6日に先議・可決された予算をうけ、当該財産を取得する契約の議案が、3月議会の最終日に上程され、可決されました。

 

 

市民アンケートへのご協力ありがとうございました

日本共産党豊後大野市委員会はを発行し、豊後大野市政についての見解を発表しました。

旧緒方工業高校の建物を取得

旧緒方工業高校の跡地・建物を取得する予算(4753万円)を含む補正予算が6日に先議され可決されたことに伴い、本日、旧緒方工業高校の建物を取得する議案が追加上程され、可決しました。

資料を掲載します。
資料中に「減額(教育施設)」とあるのは、豊西准看護学院に係る土地・建物部分です。

市外居住職員の住居手当の廃止に反対討論

 第1号議案、市職員の給与に関する条例及び水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正に反対します。

 この条例改正の主なものは、職員の扶養手当の改正と住居手当の改正でありますが、住居手当の改正については、その効果に疑問があります。

 住居手当の改正内容は、市外に居住する市職員には住居手当を支給しないこととするもので、その影響額は、持家者の分は53万円の減、賃貸分は360万円の減ということです。
議案質疑では、改正により期待する効果がいくつか挙げられましたが、特に住民に直接的に関わるものとして大規模災害時の迅速な対応や、地域の各種ボランティア活動等への貢献があります。これらについて、市外に居住している事を理由にその対応を断るとなればそれは問題があると考えますが、質疑の答弁では、市外に居住していることを理由に、これらを断った事例は無いとのことです。
また、市外居住者への住居手当を廃止することが、当該職員の市内への移住を促進するかといえば、その効果も期待できません。
この案件について、職員組合へ提案したのが2015年度(H27年度)の交渉であり、それ以後、協議を行ってきたとのことですが、その間に、この制度改正を理由に市内へ転居した職員は、2名にとどまるとのことでありました。さらに3月1日現在43名の対象者のうち、制度改正の後に市内への転居を検討している者はない、とのことでありました。
大分県内では、1自治体が同様の制度を2015年度から行っているとのことでありますが、その自治体においても、この制度施行後に市内へ転居したのは、対象者10名のうち1名にとどまっているとのことでありました。

 市職員と言えども、家庭の事情によって市外に居住せざるを得ない事例が生じます。住んでいる地域によって差を設けることに反対します。
公務労働者の労働条件は、民間労働者に対して影響を与えることがあります。全ての労働者に寄り添う立場から、この市外居住職員への住居手当の廃止に反対します。

 

借金の繰り上げ償還を求めた経過

2010年12月議会 (←議員歴1年7か月)
地方債の繰り上げ償還4億5240万円。 これは良い事だと、『ぶんご大野民報』に記載(第323号うら面)

2011年3月議会
繰り上げ償還はいくらでもできるのか、と問う。

2013年9月議会
さらに、2012年度の繰り上げ償還(4844万円)について、決算審査で問う。

2013年12月議会
5億1801万円の繰り上げ償還が行われる。それにより、利子負担が2933万円削減されたとの答弁。 『ぶんご大野民報』第346号

 

 

13億1594万円の補正予算(4号)を可決

(当たり前のことですが、投稿のコピー&ペースト、画像のダウンロード、スクリーンショット等で取得しての、他への掲載を禁じます。画面の中でのみ、ご覧下さい。)

本日の本会議では、2016年度補正予算(第4号)が先議され、賛成多数で可決しました。

この中には、旧緒方工業高校跡地を購入する予算(4753万円)が含まれています。

議員に配布されている主要歳出説明書を掲載いたします。

(議案)祖母山麓尾平青少年旅行村の料金改定と指定管理

2月24日(金)に開会する3月議会に、祖母山麓尾平青少年旅行村の条例改正(第14号議案)と指定管理者の指定(第22号議案)が上程されます。

第14号議案 条例の一部改正
主には、利用料金の改定です。下記新旧対照表をご覧下さい。
・現行の第13号は削除。
・改正案に第15条(利用料金の不還付)追加。
・別表、利用料金の変更。

第22号議案 指定管理者の指定
団体名:株式会社LIG
ホームページはこちらです⇒https://liginc.co.jp/

 

 

豊後大野市政についての見解を発表しました

日本共産党豊後大野市委員会は、『大分民報』2017年2月号外にて、豊後大野市政についての見解を発表しました。
 
 

出会橋の隣りに仮設橋梁

久しぶりに出会橋・轟橋を見に行った。すると、出会橋のたもとに並ぶ形で、測量後の木枠(?)『丁張り』が!
※『丁張り』に訂正。 友人が教えてくれました(^^)

建設課に確認したところ、資材を対岸に運搬するための仮設橋梁を設置するそうです。なるほど。迂回路は有るには有るが、相当な距離になりますからね。

なお、轟橋基礎部分の復旧工事については、「5月連休前には終えたい」とのことでしたが、もっと期間が必要とのこと。5月連休までには、轟橋を通行できる対策は行うとのことでした。

中学生までの子ども医療費無償は、現物給付化を!

豊後大野市では、中学生までの子ども医療費を、入院時食事療養費まで含めて完全無償化をしています。しかし給付方法については、現物給付(窓口での負担なし)と償還払い(申請による後払い)とが混在してます。

今日、議会として女性団体連絡協議会との意見交換会でも、小学生の子を持つお母さんから、「子どもの医療費は、全て窓口負担無しにして欲しい。子どもの病気は突然なもの。手持ちがないと病院に行けない。お金を借りて病院に行ったこともある。」などの切実な声が出されました。

我が党として、毎年の予算要求に取り上げています。
今回も良い回答ではありませんでしたが、2017年度予算要求への回答を掲載いたします。


引き続き、要求していきます!