2016年度、市税の伸びは?


2016年度の歳入では、市税が前年度に対して1億4087万6952円(収入済み額)と4.7%の伸びを示しました。
この内訳について、いくつか確認した点を記述します。

市民税(個人)+3.5%
内容は様々です。所得の伸び、追徴課税、etc… 市の税務課長をしても、特徴的な理由は見当たらないとのことです。

市民税(法人)+3.4%
特筆するような伸びを示した事業所が数社あるようです。
加えて、バイオマス発電所関係の課税が発生しています。発電開始は2016年8月末ごろでしたが、その前に会社が設立されており、2015年7月1日~2016年6月決算の期間分に対して、市民税(法人)が発生しています。額は、200万円程度です。

固定資産税(固定)+5.6%
額にすると7797万円の伸びですが、その大きな要因となったものはないそうです。
ただ、三重町の新たな商業地に関する固定資産税は発生しています。コメリ5~600万円程度では?とのこと。
あと、件数として目立つのは、個人の太陽光発電設備の設置があるとのことでした。

軽自動車税+20.3%
伸び率が二けた!額にしても2372万円と大きな増税!
これは、軽自動車、二輪、原付などの自動車税が引き上げられたことによるもので、住民にとって看過できない負担増です!
私は、この増税を、2016年度一般会計決算への反対理由の一つとしました。(内容は別のところで)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です