2016年度実施事業の評価


豊後大野市議会では9月議会において、決算審査とともに事務事業評価を行っています。
各常任委員会において前年度実施事業から1事業を選定し、議会としての評価を行うものです。

各常任委員会において、まず選定した事業について執行部(担当課)から結果などの説明を受けます。その後、各委員(議員)が個人の評価を行い、さらに全委員が自身の評価を説明し、委員会としての評価にまとめ上げます。

本日は9月議会の最終日。今日の本会議では、各常任委員会から付託議案の結果の報告とともに、事務事業評価の結果についても報告が行われました。
その内容を、以下に掲載します。

事務事業評価の流れ

まず、この評価シートに基づき、個人が評価を行います。

つづいて、各人の評価を集計表にまとめ、各人からの説明と自由討議によって意見を交わします。

最後に、委員会としての評価報告書を文章でまとめます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です