太陽光発電事業の状況

Pocket

本日の決算特別委員会にて、太陽光発電事業特別会計決算について質疑を行いましたので、紹介します。

認定第9号 太陽光発電事業特別会計決算認定
一般会計へ繰出金5434万1千円について

質問①:
このうち、建設費の返還としての公共施設整備基金への戻しは3442万3千円とのことだが、公共施設整備基金への戻しは累計でいくらになったのか。
また、一般財源として何にでも使える財源となった金額は、累計でいくらになったのか。

答弁:
公共施設整備基金への戻し累計についてですが、建設費は当初7億7300万円を利用し、年3442万3千円を20年間で戻す計画です。
これまでの戻しは、2014年度は建設費用の残金を含め1億1896万2167円、2015年度は3442万3千円で、合計1億5338万5167円となっています。
一般会計の財源となったのは、2014年度が5747万6833円、2015年度が1991万8千円で、合計7739万4833円となっております。

質問②:
複式簿記と言わないまでも、公共施設整備基金への戻しや、一般財源として充当した金額の累計がわかるような資料を決算ごとに作成して決算概要書に掲載してはどうかと提案したことがあるか、これまでどのように検討したのか。

答弁:
複式簿記は遅くとも2020年までには行いたいと思っています。それまでについては、決算概要書に数字の記載をしていきたいと考えています。
また、その後につきましても、いずれかの場所で、数字がわかるような方法をとりたいと考えています。

再答弁:
課内では一覧表で準備していましたが、公表にしていませんでした。2017年度からは決算概要書にその数字を載せていきたいと思います。

質問③:
パネルなどの解体や廃棄費用は、建設費の5%程度(3442万3千円)との説明であった。(2013年3月議会一般質問答弁)
この建設費の5%程度というのは、今の市況でも変わりはないか。

答弁:
太陽光発電施設の解体費用でありますが、当初5%と説明しておりますが、2015年3月に環境省が示した使用済再生可能エネルギー設備のリサイクル等促進実証調査報告書において、撤去費用を5%としていますので、現段階では変わりないと承知しています。

再質問:
5%というのは、一般財源への充当の数年分で賄える額であるので解体廃棄するその時に一般財源から拠出しても問題はないと思うが、その費用を、特別会計の中で積み立てるべく、複式会計に変更するということなのか。

再答弁:
そういう形で、複式簿記に変えていきたいと考えています。

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください