再生可能エネルギー自給率が下がっている!?


豊後大野市の2017年度予算編成・執行に関する申し入れに対し、1月4日付けで回答が届きました。

その11番目で再生可能エネルギーの促進を要望し、本市における再生可能エネルギーの自給率について質問したわけですが、その自給率は26.4%

え?26.4%ということは、下がっているのでしょうか?

2013年3月議会の一般質問では、市長から「NPO法人環境エネルギー政策研究所の2010年の報告によりますと、(略) 大分県下では本市が第4位の自給率で30.34%となっています。」との答弁。

そして、同研究所の2015年度版報告書によると、2014年度は県内第6位の34.6%
こちらのサイトから引用『「永続地帯2015年度版報告書」の公表』

4.26ポイント伸びました!
2014年度から稼働した市営太陽光発電が反映しているのかもしれません。

そして、2016年8月には民間の木質バイオマス発電所が稼働を始めました!
その年間発電量は1.2億Kwh/年で、一般家庭を400Kwh/月とした場合に、25,000戸分に相当します。豊後大野市の世帯数は16,460世帯(2016.9.30現在) ) 当ブログでの紹介はこちら⇒第4回臨時議会が開催されます
市報2016年11月号では、「3万世帯分に相当」と紹介されています。

それにもかかわらず、自給率は26.4%なのでしょうか???

木質バイオマス発電所の発電能力(一般家庭2.5~3万世帯分)を超えて電力を消費する、何か大きな工場でも出来たんですかね???

 

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です