「人権研修」は議会基本条例に基づくもの!?


あー、またやらかしてるよ!昨年も注意したのだが!
議会基本条例に基づく研修と、人権推進同和対策課が推進する研修が、ごちゃまぜ!

議員研修(通知)豊後大野市議会は議会基本条例を制定し(2012年10月1日施行)、第19条「議会は、議員の政策形成、政策立案等に係る能力の向上を図るため、議員研修の充実強化に努めるものとする。」に基づき、議員に直接的にかかわる事について、自らテーマを決定し、研修を行ってきたものです。

一方、「人権研修」とは、人権推進同和対策課が従前より推進している「人権研修事業:企業・各種団体への講師派遣及び指導者育成講座の開催[対象:企業、団体(市民)]」に基づき行っている(行わされている!?)ものです。(だから、議員のみではなく、監査委員も同席です)

この、性格の違う2つの研修を一緒くたにして「議員研修会」として組み立てているのです!

もし「〝人権研修〟も政策形成、政策立案等に係る能力の向上を図るため」と言うならば、庁内各課が推進する各事業に係る研修も全て〝第19条に基づく研修〟に位置付けるべきであります。(そんなこと、しませんよね(笑?)

同じ日に、時間も連続して開催することに異議はありません。しかし両者のこうした性格の違いを線引きせずに同じ「議員研修」扱いとすることについては、理解力がないのか?と疑問を持たざるを得ません。
なお、議長名での(通知)ですが、事実上、議会事務局が采配すべき部分だと思います。

もう一つ、ぶんごおおのCATVの取材がある場合は、くれぐれも同じ位置づけの研修との誤解を生まないように報道して欲しいです。

 

 

One comment

  1. […] 「人権研修」は議会基本条例に基づくもの!? […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です