議員報酬引き上げの額(案)


本日の本会議終了後に会派長会議が開催され、議員報酬の引き上げと政務活動費の新設について、8月26日の議会運営委員会にて決定した以下の点が報告されました。

議員報酬引き上げ
議員報酬各市比較議員19,000円、副議長20,000円、議長21,000円 いずれも月額。
※県内他市と比較の上、人口ならびに議員定数で類似する自治体の金額(議員月額340,000円)に合わせる。
今後の流れ
報酬の額については、報酬審議会での審議が必要であることから、市長から報酬審議会に諮問していただき、報酬審議会(10月ごろ予定)での審査を経て答申を受け、市長が議員の報酬額を変更する議案を議会に上程する。12月議会を予定

政務活動費の新設
政務活動費について定める条例の制定が必要であることから、その内容について、議会運営委員会にて検討していく。議会運営委員会にて作成された案を全員協議会にて審議し、12月議会に議員発議または委員会発議で上程する。
金額については、おおむね15,000円(月額)程度で検討中。

なお私は、議員報酬の引き上げには反対、政務活動費は月額15,000円程度であれば賛成する方向で検討しています。

 関連記事「議員定数、政務活動費、議員報酬の今後」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です