定住促進のため、県有財産を取得


6月議会には、県の土地を購入する予算3728万5600円が計上されています。
目的は定住促進事業の用に供するため。市が定住促進用の住宅用地として造成する予定です。
場所は、旧大分県農林水産研究指導センター三重宿舎。(あ”っ、あのセンターの宿舎だったですね^^; )
面積は、10,393.43㎡

筆界図を掲載いたします。

県有旧宿舎用地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です