「予算で定める」は「定めた」と過去形へ???


3月議会では、後継ぎ就農に対して一人5万円/月、2人以上での新規就農に対して10万円/月など、新たな支援策が決定しました。
( その新たな支援策の内容については、こちらのページにアップしています。⇒ 『就農者へ新たな支援策』 )

この支援は、一般会計からではなく、基金を積み立てて、その基金から支出されますので、3月議会では、一般会計から基金へお金を積み立てる議案(補正予算)基金を設置する議案の2つが上程されました。

そして、それぞれの議案の表決日程は次の通りだったのですが、
3月11日 平成27年度豊後大野市一般会計補正予算(第4号)
3月23日 豊後大野市担い手確保育成基金条例の制定について
これに対して11日の質疑(本会議)において、〝基金条例という器ができていないのに、補正予算で基金へ繰り出すことはできないのではないか〟といった内容の指摘が、ある議員からありました。
「なるほど、そういう捉えもあるな」とも感じましたが、本会議を中断して開かれた議会運営委員会では、「議会運営委員会において、この日程で進めると了承した」として、そのまま継続され、全会一致で可決しました。
(私は、3月議会の開会日から閉会日までを〝一つの意思決定の場〟と捉えれば、この流れでも問題ないのではないかと理解しました。)

ここまでは前置きで(笑)、ここから本題。

次は基金設置の議論、『 担い手確保育成基金条例 』を審査する常任委員会の場で、次のような指摘がありました。
〝基金へ積み立てる額は、既に11日に可決したので、2条の「予算で定める額」は「予算で定めた額」と過去形にすべきではないか?〟担い手確保育成基金条例

(ふむふむ。字面を読めばそうだよな。)でもこういう条例などでは、どこで定めるのかと場所を示すのでは。
とのやんわりした指摘を、委員会を中断しての論議の場で言いましたが、その議員は納得せず反対しました。(本会議でも反対しました。)
この私の指摘に対して、ある職員さんが「神志那議員の言うとおりですよ」と耳打ちしてくれました。
(この議員の指摘だと、他の条例も該当部分を〝過去形〟にしなくちゃいけないよね w )

お話は以上なのですが・・・この指摘をした議員って、元職員ですから、私は驚いているのです!

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です