請願「TPPの批准は行わないこと」を不採択!!!


3月議会には、いち農業者より『TPP調印文書の批准は行わないことを求める請願書』が提出されました(紹介議員は私)。

過去、豊後大野市議会でも〝TPP参加に反対〟〝重要5品目を守るとの国会決議を守れ〟との意見書を決議しています。大筋合意したとは言え、国としての批准(国会での承認)が決まっていない現時点で、さらに声を上げていくことは重要です。

しかしながら請願は、賛成8名の賛成少数で不採択となりました。農林畜産業を基幹産業とする本市において、農業者の思いから提出された切実な思いが通じなかったのは残念な事であります。

20160501 声のかけはし本会議では討論が行われ、議会だより『声のかけはし』(第49号2016.5)に紹介されています。(添付画像)
請願に反対の理由は、いま必要なのは、いわば〝政府のTPP対策が十分なものであるかどうか〟である、とのこと。
私も、TPPを想定して自治体が対策を検討する事を否定するものではありませんが、対策の前提となる「影響の試算」が誤っていれば、正しい対策は行えないのです。ところが政府が示した試算は、まるで〝粉飾〟と例えて良いほど、問題があります。それを示したのが私の一般質問であり、この請願が趣旨で述べているところなのです。
まして、引き続きTPPに対して反対の意思を表明する事と、TPPに備えた対策の検討を是とする事とは、別の事であります。それが理解されず、「TPPに反対」の立場を全否定するような結果となったのは残念。

まあ、それぞれの討論(一部)を見ても分かる通り、それぞれの立場からの見解であり、これは平行線です。今後の市民の選択にゆだねるしかないでしょう。

で、結論ですが、この反対討論は「単にTPPの批判のみ繰り返すのでなく」と根拠なく〝批判〟しただけにしか見えないのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です