住まいは人権


12日(月)祝日の夕方に、市営住宅の住民の方から電話が入る!
「工事のために必要なのはわかるけど、ベランダ側(南側)全面に幕が張られて、これでは風も通らず、洗濯物も乾かないよ!」

8月25日に通っていった台風15号が被害をもたらした市営団地(屋上の床幕?が剥がれた)。補修のための工事が始まり、足場が組まれ始めたのは知っていた。そして、電話を置いた後にすぐに確認に行くと、なるほど! これでは1階に陽も風も入らず、ただでさえ湿気がたまり易い1階は、たまったもんじゃないな!

翌日13日(火)午前中に市役所の建設課へ出向き、対応をお願いした。
すると担当職員はすぐに現場へ出向き、状況を確認。その場で業者さんにも電話して、対策を練ってくれた。

18日(日)の夕方、この件を知らせてくれた住民の方からお礼の電話が入りました。現場を確認すると、ベランダ側はメッシュタイプのものに変更し、さらにベランダから降口があるところは、幕を張らずに開けてくれた。

担当課ならびに、業者さんの素早い対応に感謝です(^^)

ビフォー
東側側面 ベランダ(南)側 西側側面

アフター
ベランダ側はメッシュに

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です