辞職勧告に賛成討論


7番、日本共産党の神志那文寛です。
私は小野勇治議員に対する辞職勧告決議に賛成の立場から討論いたします。

去る6月18日、三重町内の一市民から本市議会に対して、「小野勇治議員に対して、議員辞職勧告を行い、小野議員が同勧告に応じない場合には、地方自治法135条1項4号に基づく除名処分の懲罰を科すことを求める」旨の陳情書が出されました。
その理由は、小野議員は「平成26年4月23日に実施された市有地売却に関する一般競争入札に際し、陳情者の代理人として入札し、落札した。小野議員は、その謝礼として平成26年4月23日に現金10万円を、平成27年2月24日に現金50万円を収受した。また、度重なる来訪の中で、押し倒してキスを迫る、衣服に手をかけるなど、セクシャル・ハラスメントに該当する態度を示した。
このような議員は議員としてふさわしくなく、小野議員自ら、あるいは議会による自浄作用によって、議員の地位を退くことを強く求める」というものです。

本市議会は、この陳情を受け、豊後大野市政治倫理審査会に審査を委ねていましたが、去る8月31日、政治倫理審査会から小野議長に対して審査結果の報告がありました。
その内容は、小野勇治氏は、市有地の一般競争入札において、陳情者の代理人として入札に参加し、入札への代理参加及び落札の謝礼として、平成27年2月24日、50万円を収受した。この行為は、豊後大野市政治倫理条例第4条第1項第1号及び、同条項第2号に違反する、というものであります。

ところが小野勇治氏は、この審査結果を潔く認めるのではなく、陳情者から50万円を受け取った事実は認めながらも、謝礼ではなく、形見分けであったから政治倫理条例違反ではないと言っています。
しかし私の家族は、陳情者から、小野勇治氏が市有地落札直後に陳情者宅を訪問し、生活が苦しいなどと言って婉曲的(えんきょくてき)に謝礼を要求されたので、形見分けという名目で50万円を渡したら受け取った、と聞いています。
さらに、領収書を要求したがもらえなかった。議会に陳情書を出したら、翌日にあわてて50万円を返しに来た、とも聞いています。

50万円がやましいお金でないのならば、領収書を渡すのが当然ではないでしょうか。また公になったからと言って返す必要もないわけです。このことを考え合わせれば、私は、小野勇治氏が50万円は実質的には入札落札の謝礼だと認識していたので、公になればまずいと考えていたからだと思います。

以上の理由により、私は、この辞職勧告決議に賛成するものであります。

なお、豊後大野市政治倫理条例施行規則第9条には、条例第7条第5項の規定による審査結果の概要の公表は、豊後大野市掲示板に掲示するほか、市報または議会だよりへの掲載を行うものとする。との規定があります。
小野議長におかれましては、速やかに議会だよりに掲載することを強く要望して、私の賛成討論といたします。

 

(賛成)工藤友生、赤峰映洋、朝倉秀康、神志那文寛、沓掛義範、衞藤竜哉、恵藤千代子、長野健児、衞藤正宏、生野照雄、宮成昭義、小野泰秀、佐藤辰己
(反対)川野優治、内田俊和、宮成寿男、首藤正光
(除斥)小野勇治
(遅刻)佐藤徳宣、髙山豊吉、渡辺一文

====================================

決議の可決を報道した大分合同新聞はこちら ↓

豊後大野市議会 市議の現金授受問題で辞職勧告を決議 – 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/09/11/131456370

4 comments

  1. 小野勇治さんは、議会で、神志那先生に勝るとも劣らない素晴らしい筋の通った質疑をしており、セクハラをするような人とは信じられません。
    もし、ビデオ等に映っている証拠があったとしても、それは、小野議員を追い落とすために弁護士が仕掛けた罠であり、以前から旧知のかなり年上の老婆に対してセクハラをするのは、内輪の痴話喧嘩や戯れの類のものであり、まったく知らない20才台の若い女性にするセクハラとは違いますので、議員辞職勧告は行き過ぎです。
    プライベートなことを議員同士で攻撃しあうことは、つらいことです。

    1. コメントをいただき、ありがとうございます。
      是非とも、討論内容をもう一度良くお読みいただきたいのですが、辞職勧告の理由は、50万円を受け取ったことです。
      そもそも議員が市民の代理として一般競争入札に参加すること自体、様々な憶測を呼ぶことになりますので、相応しくない行動だと思います。まして現金の授受は、政治的道義的に許されるものではないと考えます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です