木質バイオマス発電所用地造成工事の契約

Pocket

2014年 第1回臨時議会が招集されました。

2月7日(金) 午前10時より
工事請負契約の締結について

木質バイオマス発電所用地の造成工事について、落札者との契約を締結するものです。
落札者:熊谷・立本特定建設工事共同企業体
落札金額(税込):2億520万円
予定価格(税込):2億1060万円

以下リンクは、(株)大分建設新聞社のページです。
『1.9億で熊谷・立本JV、豊後大野市バイオマス発電所の造成』

なお、用地の取得と農地の転用許可申請等については市が行い、造成工事完了後、用地を木質バイマス発電を行う事業者へ売却します。
木質バイオマス発電を行う事業者の概要はこちらに記載しています
市が事業用地を地権者から一括して取得する議案はこちらにあります

 

2月7日追記

臨時議会は2名の議員が欠席。
採決の結果、全会一致で可決しました。 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください