清川中学校改築に伴う経過


本日開催された全員協議会についての情報です。
経過の部分について資料を掲載いたしますが、まず主な経過を記述します。

H21年3月末  耐震診断結果
H20年9月4日 市議会全員協議会に報告
~地元等への説明などを経て~
H21年1月23日 大規模改修ではなく改築に変更 ※改築・・・新設校でない新築の建物の意。
H21年2月16日 市議会全員協議会に「豊後大野市学校施設耐震化計画」を報告
H21年3月31日 教育委員会臨時会にて、清川公民館用地を基本として改築する方針について了承を受ける
H21年4月 市議会議員選挙、市長選挙
H23年8月22日 市議会全員協議会にてこの経過説明を受けるとともに、午後の第4回臨時議会に“土地造成契約の締結”が上程され、賛成13、反対9で可決。

「2009年(H21年)2月16日以来の議会への説明であり、もっと早くから議論すべきだったなどの異論が相次ぎました。神志那文寛議員は、中学校を移転し校舎を新築することに異論はありませんが、経過説明が不十分との判断で反対しました。」
『ぶんご大野民報』第328号裏面から引用

  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です