開通 三国灰立線


1992年の計画調査から20年を経て森林基幹道三国灰立線が完成し、本日開通式行われました。

林道は、「ふるさと林道」(延長4.312Km、うち2.35Km部分は2002年に開通)部分と、森林基幹道部分(延長12.162Km)の、16.474Kmとなっており、総工費は65億7309万円となっています。
当日いただいた、概要をまとめた資料をアップいたします。
「ふるさと林道(2010年8月2日)」の記事はこちら

   

開通式会場からの眺望

南西には祖母山が見え、北東には九重連山(写真ありません)、北北東には由布岳と鶴見岳、北からやや東に大分銀行ドームが見えます。
  

果たしてこの地点の標高は、どのくらいあるのでしょうか?
まずグーグルマップで位置を特定し、次いで国土地理院の『【試験公開】標高がわかるWeb地図』というサイトを見つけましたので、そこで調べてみると、
標高は、約470m前後と思われます。
あまり高い場所ではありませんが、ここまで登ると遠くまで良く見えるもんですね~(^^♪

より大きな地図で 三国灰立線 を表示

「トピックス」というよりは、私の趣味のページみたいになってしまいました(^_^;)
失礼!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です