内山観音 千日まいりでごあいさつ


この冬一番というほどの寒さの中、町内にある高野山真言宗蓮城寺(通称:内山観音)の千日まいり(十日まいり)に行きました。千日まいりとは毎年1月10日に一寸八分観音が開帳され、この日にお参りすると千日分のご利益があるというものです。お参りのあとに引いたおみくじは大吉、よし、今年は良いことありそうだっ…と。

その後、親子3人でお参りに来られる方々にご挨拶。10時くらいからでしょうか雪が降り始めましたが、お参りに来られる方はますます増え、知り合いの方もたくさん来られるので寒さを忘れさせてくれました。

左の写真:点々と白く写っているのが雪です。
右の写真:(初詣でもお会いした)友人に撮っていただきました(^^♪

2 comments

  1. 元気そうですね。生協関連のホームページを見ていたら、このホームページを見つけました。これから大変でしょうが頑張ってください。

  2. ⇒Gendoさんへ
    お返事が遅くなり、大変申し訳ございません^^;
    アクセスありがとうございます。
    >「生協関係のホームページを見ていたら…」
    どんな検索ワードでヒットしたのか、少し不思議です(^^♪
    私も41歳になりました。マルクスは社会主義・共産主義の社会を「人類の本史」と言いましたが、それにかけて言えば、「人生の本史」と言ったとこでしょうか?
    ふるさとにおいては21年のブランクは否めません。一から学ぶ、新人社員のような心構えを忘れないようにしたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です